目元・二重整形の比較Web

目は好印象をつくる大切なパーツ

印象を左右する「目」。目がパッチリしていると、一瞬で相手を惹きつけ、何も話し出す前から好印象を与えることが可能。目や目元に魅力のある人は、そうでない人に比べて得しているように感じた人はいませんか?

  • HOME
  • 悩み・要望で探す
  • 施術名で探す
  • 美容ニュース
  • クリニック情報

HOME > 施術名で探す > たれ目形成

施術名で探す

たれ目形成

一瞬で“かわいい”と思わせるドラマティックな目に

優しい印象の目元に変える、たれ目形成は、医学的には下眼瞼拡大術と言います。 下まぶた部分を切り、目を広げる施術をすることがわかりますよね。 この施術は、きつい印象を与えるつり目を改善したい人、目を大きく優しくしたい人などにピッタリ。 さらに傷痕が目立ちにくい方法で、目を大きくしたい人もこの施術を選ぶ傾向にあります。 今人気のタレントさんのようなたれ目が手に入ると、若い女性を中心にニーズがある施術です。

施術について

下まぶたの裏側部分や皮膚を切開し、まぶた部分を引き下げる処置がとられます。 施術はまぶたの裏側から行われることが多く、皮膚の傷跡はほとんど残りません。 下げる形や角度は、医師のカウンセリングでポイントを決めていきますが、やり過ぎるといつもアカンベーしたような目に見えてしまというリスクも。 信頼できる医師を選び納得の仕上がりになると、誰もが一瞬でかわいいと思う、魅力的な目に変身。 また、涙袋ができ、モテ顔になったという声も多数上がっています。

気を付ける点

たれ目の形成は、上記に述べた施術のほかにも、ボトックス注射、目尻切開などさまざまな手法がとられます。 自分の顔の特徴にあった施術を選ぶことが何よりも大切。 切開する場合は、レベルの高い施術となるために、経験豊富な医師に任せることが大切に。 施術前のカウンセリングで、まぶたの位置を下げ過ぎてしまうと、白目部分とのバランスがアンバランスになって、三白眼になることも。 眼球とのバランスを考えて医師とともにデザインを考えることが大切です。

費用

30~60万円

ダウンタイム

目立つ腫れが1週間から2週間前後は続く場合があり、内出血があることも。

術後の流れ

抜糸は一週間後で、通院はこの1回のみとしているクリニックが多数。
痛みが出たら処方された鎮痛剤を服用して。
施術当日からシャワーは可能ですが、洗顔やアイメーク、コンタクトレンズは医師の指示に従って。

関連施術

涙袋形成

↑PAGE TOP