短時間で終わりメスを入れずにパッチリ二重!

重たい印象の一重まぶたや、イマイチはっきりしない奥二重、二重だけれどラインがはっきりしていない…理想の“パッチリした目元”になるには、くっきりと美しい二重まぶたが最低条件です。それに、毎日アイメークに時間がかかるのにもうんざり…。 でも、“メスを入れるのが怖い”なら、埋没法がピッタリ。短時間で理想のパッチリ二重まぶたに。

施術について

まぶたを細い糸で固定し、自然な形で二重にするという埋没法ですが、クリニックによって施術の具体的な内容が異なるケースが見られます。 共通しているのは、細い特殊な糸を使い、まぶたの裏側から二重まぶたに仕上げるべく、数か所を留めること。この留める位置や二重にするまぶたの分量に、医師の美意識と力量が出るため、自然で美しい仕上がりを望むなら、経験豊富なクリニックを選んだほうがベターです。

糸で留めるだけなのですが、目がグッと華やかに明るくなることが特徴。仕上がりのタイプも選べて、自然な奥二重、華やかで幅広なハーフ目、ドーリーなパッチリ目など、なりたい二重の形に近づけられます。

まぶたには麻酔をするため、施術中の痛みは少なく、ダウンタイムがほとんどないことも魅力です。施術を受けた当日から、洗顔やシャワーができるとするクリニックがほとんどです。

気を付ける点

「プチ整形」のひとつとして認識されている埋没法ですが、コンタクトレンズの使用や、洗顔、アルコールなどについては医師の指示に従ってください。 また、まぶたの構造を変えず、糸で留めるだけで二重にしているので、効果の持続性は期待できない部分もあり、元通りになる可能性も否めない施術です。そのため、数か月、数年と保証がついているプランを打ち出しているクリニックも目立ちます。料金プランも千差万別で、アフターフォローに追加費用が発生しないところがポイントです。

初回のカウンセリングのときに、理想のまぶたや、なりたい顏の写真を持参し、希望に近づけるようカウンセリングはしっかりと。埋没法と併用して、他の施術を組み合わせ、さらに美しい目元を手に入れた人も多数います。 施術の痛みについては、局部麻酔をしているものの、チクッとした刺激を感じる人が多いようですが、痛みが少なく、短時間、リーズナブルと三拍子そろった施術です。

費用

5万円~15万円(両目)

ダウンタイム

1日~1週間 わずかな腫れが気になるケースも。

術後の流れ

多くのクリニックでは、手術当日からシャワーも洗顔も可能。しかし体質によっては、洗顔は翌日から、アイメークは数日後からなど、医師の指示があることも。コンタクトレンズを使用している人は、医師に必ず聞くこと。術後はほとんどの場合通院の指示はされないようです。

関連施術

切開法 | 部分切開法