目の上のたるみがなくなり若返る

加齢とともに現れる目の上のたるみ。 美容に関心が強くなければ、ほとんど着目しないパーツですが、実はここは相手に老けた印象を与えてしまう、カギとなる部分なのです。 この部分のたるみを取り除き、目をグッと大きくするのが上眼瞼リフトです。 別名「眉毛下切開法(まゆげしたせっかいほう)」ともいい、老化とともに下がってきたまぶたをナチュラルに引き上げます。

施術について

眉毛の下を切開し、余分な皮膚組織をミリ単位で取り除きます。 傷痕は眉毛に隠れるように仕上がるのが理想ですが、経験不足な医師だと縫合がうまくいかず、傷跡が目立ってしまうことがあるようです。 仕上がりは主に2タイプあり、まぶたのたるみを引き上げて、目の形を変えないもの。 もう一方は、二重まぶたに成形するものです。 また、加齢とともに下がったまぶたで、視界が狭まって肩こりや頭痛などに悩む人もこの施術を受けています。術後、目と眉毛の間が縮まり、外国人風のシャープで魅力的な表情になることでも知られています。

気を付ける点

年齢とともに目が細くなるのは、まぶたを動かす筋肉の緩みから。 それだけでなく、コンタクトレンズを使用している人、目を酷使したことがある人もまぶたが下がってくる傾向があります。 もちろん先天性の原因もあり、厚ぼったい目になる原因は人それぞれ。 それを見極められる診察力と技術力がある医師を選ぶとよいでしょう。 傷跡のほかにもリスクとしては、眉毛の位置が下がることで、キツイ印象になってしまうケースもあり、カウンセリングを十分に受けてください。

費用

20~50万円(両目)

ダウンタイム

1~3日程度 腫れが気になるのは1週間ほど

術後の流れ

当日より、シャワー、洗顔、メイクが可能。通院は抜糸のために術後1回。

関連施術

たるみ切除 | 脂肪切除 | 眼瞼下垂