目元・二重整形の比較Web

目は好印象をつくる大切なパーツ

印象を左右する「目」。目がパッチリしていると、一瞬で相手を惹きつけ、何も話し出す前から好印象を与えることが可能。目や目元に魅力のある人は、そうでない人に比べて得しているように感じた人はいませんか?

  • HOME
  • 悩み・要望で探す
  • 施術名で探す
  • 美容ニュース
  • クリニック情報

HOME > 美容ニュース > 老け見えを加速させる「ほうれい線」を目立たなく

美容ニュース

老け見えを加速させる「ほうれい線」を目立たなく

目元も年齢を物語りますが、やはり目立つのはほうれい線。 口の両サイドにくっきり刻まれたこの線を、どうすれば浅く、目立たなくできるのでしょうか。

実はこのほうれい線、年齢とともに目立ってくるから、20代後半ごろから出現し、30代後半にくっきりと刻まれる…と思っている人が多いようです。 しかしほうれい線は、生まれたばかりの赤ちゃんにも存在しています。 ただ、はだがツヤツヤふっくらし、ハリがあるからしわのように見えないだけなんです。

では、ほうれい線が目立ってしまう原因は何なのでしょうか。
それは主に5つあります。
1.紫外線によるダメージ
2.表情筋の衰えで頬が垂れ下がる
3.肌がうるおいを失い乾燥すること
4.肌の新陳代謝の低下でターンオーバー(肌の再生サイクル)が長くなる
5.弾力ある肌をつくる、皮下のコラーゲン、ヒアルロン酸不足

特に、紫外線ダメージと表情筋の衰えが、ほうれい線を深くする原因に。 日焼け止めをしっかり塗って、毎日の生活から対策を。 表情筋が衰えないよう、日常会話はオーバーなくらいのリアクションをしてみてはいかがでしょうか。好感度もUPするはず。 毎日のスキンケアは、保湿を中心に行うのが大切です。 乾燥はほうれい線のみならず、小じわの原因にもなるので、基礎化粧品に加えて、週に1回程度はシートマスクなどでスペシャルケアをし、肌に水分を送り込むと、対策につながります。

肌の奥底からほうれい線を“手っ取り早く”対策するには、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促すことが大切に。 そういう時の強い味方になるのは、最新医療メソッド。 照射系(サーマクールなど)や、ゴールデンリフトなどは、コラーゲンの生成を促し、若返り効果も絶大です。

↑PAGE TOP