目元・二重整形の比較Web

目は好印象をつくる大切なパーツ

印象を左右する「目」。目がパッチリしていると、一瞬で相手を惹きつけ、何も話し出す前から好印象を与えることが可能。目や目元に魅力のある人は、そうでない人に比べて得しているように感じた人はいませんか?

  • HOME
  • 悩み・要望で探す
  • 施術名で探す
  • 美容ニュース
  • クリニック情報

HOME > 美容ニュース > ブス&老け印象を加速させる「冷え性」対策

美容ニュース

ブス&老け印象を加速させる「冷え性」対策

ここ最近、女性だけでなく、男性も冷え性が増えているといいます。
冷え性になると、平均体温(理想は36.5℃)も低下。代謝も免疫力も下がり、顔色もくすみがちに。
さらにむくみやすくなったり、太りやすくなったりする可能性も。

つまりは、ブス&老け印象を加速させてしまうのです。

冷え性がここまで悪影響を及ぼすのは、冷えることで毛細血管が収縮し、体の隅々まで栄養や酸素が行きわたりにくくなると考えられています。

なぜ、現代人は冷え性になりがちなのでしょうか?
考えられているのは、自律神経の乱れです。

私たちの体は、取り巻く環境の温度の変化に応じ、体温を自動的に調整しています。 この調整能力が鈍るのは、一定温度の空調の効いた部屋に長時間いること。 特に真夏や真冬の場合、室内と室外の温度差が激しくなり、その変化に体がついていけなくなることが、自律神経の乱れを引き起こすとも言われています。

ストレスや過労状態が続くことの影響も考えられています。
睡眠不足、季節感のない食生活、運動不足も原因です。
特に、適度な運動をしないと、体の中から熱を生み出す筋肉が発達しません。筋力が落ちると代謝も下がり、太りやすくなることも指摘されています。

「冷え性」の効果的な対策方法を紹介します。
1.毎日湯船につかる。
冷え症の原因である、血行不良を改善するためにも、入浴は有効。

2.食事に気を付ける。
根菜類(玉ねぎ、にんじん)、かぼちゃ、魚、納豆、肉類、しょうが、にんにくなど、体を温めるとされる食材を積極的に。根菜の具だくさんみそ汁などは、冷え性にもダイエットにも効果大。

3.毎日何かしら運動をする
電車通勤している人は、エスカレーターやエレベーターを使わない。車で移動する人は、建物内は3階までは階段で移動するなど、自分の中でルールを決め、日々の生活の中で体を動かすように心がけたいものです。また、体を動かすときは、比較的大きな筋肉の塊がある、太ももの裏からお尻にかけて意識するように動かして。冷え性の改善だけでなく、ヒップアップの効果も高いです。

↑PAGE TOP